思考錯誤屋の呟き

「日々の事柄」を適宜更新中。

2011-10-21から1日間の記事一覧

背景の二乗1

孤独感とは、「自分は、社会から必要とされて無い」と、思い込んでしまった心理状態。 キーワードは「社会」にあり、「特定の誰か」は「社会」の代わりに為らない。故に、社会と何らかの関わりがある一匹狼は、他者から見て孤独であっても、孤独感を覚えない…

背景の二乗2

人は、己が属しているコミュニティー(≒社会)から拒絶された時、身近な人の存在があっても、社会からの隔離を引き金に圧倒的な孤独感に囚われる。孤独感、つまり、社会から拒絶されたと思い込んでいるが故に身近な方の存在に対する贖罪を背負った者は、社会…

背景の二乗3

逆説的だが、此の精神状態でも生きる目的を失って居続ければ、死の誘惑に惑わされても、行動に移す可能性は低い。「社会から拒絶された者=死」と"誤認識"した瞬間、「死への行動が生きる目的」となる。 此の時、他者からは「当人の精神状態が改善した」よう…

背景の二乗4

「死へ繋げる行動が、生きる目的」と下した判断は、他者から見れば"誤認識"であっても、当人は"正常に認識している"と信じており、かつ、他者から「目的の遂行を阻止されないため」に、死の誘惑を遠ざけたように振舞う。恐らく此れが、「死」を口外しなかっ…

背景の二乗5

一連の呟きは、何故か突然書かなきゃ、伝えなきゃいけない気にさせられ、連続投稿。中には、読んでショックを受ける人も居るかも知れないが、先立った者からのメッセージと思って戴けたら…。 ただの奢りかも知れないが、この先、ほんの少しでも過ちを減らせ…