思考錯誤屋の呟き

「日々の事柄」を適宜更新中。

ことばアソビ

#返詩「でしべる」

近づければ広く遠ざければ狭く 輪っかの温もりだけが聞く 囁いた音 ~~1月18日の呟きより

#返詩「慾肉」

一瞬の幻は一夜の丸干し黄金のたれとなりし欲望の果て ~~1月18日の呟きより

#10秒で書く詩「いか様」

命の価値と生きる価値と 同じ、じゃないのよおんなじ、じゃ 生き延びたものが勇者で滅びたものが敗者で 誰が決めるん? あなたは創造主ですか? あなたさまは何様なのですか? ~~1月16日の呟きより

#10秒で書く詩「タイム魔神」

初めの一歩 初めての炭酸 初めての虹 初めての、人 為す前に知る前に見る前に 感じる前、に 戻る?戻れる? 戻って、どうする? ~~1月15日の呟きより

#10秒で書く詩「でおきしりぼかくさん」

あなたが、生まれる前からあなたは、居たし あなたが、去った後でもあなたは、居るし 見る見える見ている見えている 違うのよね違うのよ違うの違うし ~~1月15日の呟きより

#返詩「金妻」

姐さんに、惚れて腫れて生き別れまな板の指のみぞ知る、寵愛よ ~~1月13日の呟きより

#返詩「伝輪」

逢わない時間増えるのは目盛りか想いか 心の囁き届くと、いいな ~~1月11日の呟きより

#10秒で書く詩「CMYK」

あたしが生きる今日あなたが知る明日 あなたの昨日にあたしは生きてて 今日知るあなたはあたしにとって明日 あたしとあなたと届かない昨日触れない明日 昨日は明日を明日は昨日を 思い遣るのか思い遣れるのか 二人、見る月同じじゃない月何も知らない、月 ~…

#駄我詩「昨日と凶と」

無関心という宗教が蔓延している此の国で 誹謗と中傷が縦横断している此の国で 「何も変わらない」と、嘯く者たちの行く末は 一周廻って大戦前夜 無関心という宗教が ~~1月10日の呟きより

#10秒で書く詩「未恋」

じゃあねと、あの時 うんと、あの時 あれから幾年経たのか さよならでも、なく 別れ話でも、なく じゃあね 明日、また逢うかのように じゃあね、と ~~1月9日の呟きより

#10秒で書く詩「忘我」

「絶対だから、ね」 あの娘はそう、言った 「絶対だから」 と 約束だったのか 祈りだったのか 「絶対」が、なにかわからない けれど「絶対」 あの、娘の「ぜ っ た い」 ~~1月5日の呟きより

#駄我詩「廿一瓦羅牟」

人生が双六なら棄権はあり、よね? 人生が試練なら虐待は、何の試練? 人生が啓示なら流行病は何なのよ? 居住地が、世界武器が、遊具難しい民の児ら 権利の真正を認めず義務の有無を知らず自由の意味を解らず 手首を染めた優しい赤 ~~1月2日の呟きより

#駄我詩「美、ちゃんす」

真理なんてあなたが知ってればいいのよ 美なんてあなただけ分かってればそれだけで色は踊る あなたが創る深淵に 世界はピノキオ ~~2020年12月31日の呟きより

#駄我詩「流行禍」

来年も染み渡る同時多発の変異ども 光の二乗で加速しバベルの終焉を手繰り寄せる 数年先の先人は「あったねー🤭」「ごぉとぅ」と 何もかも忘れなかったように いつかの「桜の会」はいつもの「桜の会」へ 人なんて神さまなんて 愛して貰えるつもりでいるなんて …

#駄我詩「SARS-Cov-2」

なんやかんや言っても 知られたウィルスが見知らぬ人と鬼とを篩いにかけた一年だったのね 日常に漂う人毎日に潜む鬼 隣人は鬼その隣人は人その隣人は鬼の皮を纏う人さらにその隣は人に化けた鬼 たった一つのウィルスが 世界の脆さを露呈し時代の宴を嘲った …

#10秒で書く詩「大晦日」

おもうのだけど 1、2、3、1も1、1も ひとのきめた、数字 なのに、さ この数字がならぶとひとびとが、あいさつする まいにち、まいにち、まいにちこの数字がつづいたら きっとせかいはあいさつでみちるじゃん きっとせかいは・・・ おもうのだけど ~~…

#駄我詩「受苦」

闇が優しいのは荒ぶる、煌めきをそっと包み込むから 絶対零度に近い海で暗黒に近い漆黒で 猛り狂う白色矮星も知り過ぎた赤色巨星も ~~2020年12月29日の呟きより

#10秒で書く詩「数の固」

もどかしさがゴクリ消化できない、それを消化しないままの、それ いつか、出るだろうかそのうち、垂れ流すかそれとも やるせなさを、ゴクリ煮え切らない、拘り噴火しない、それ 汲み取れないのか汲み取らないのか 風が、笑った ~~2020年12月27日の呟きより

#駄我詩「14:46:18」

屋根があり、雨風凌げるとりあえず、朝昼晩と食べられ素朴だが、暖かい服も涼しい服もある絢爛じゃないが、きりりと走る車もある 昨日は、なんとか今朝は、ぼちぼち なんでもない一コマだけどどこにも、ないそうよ もう、どこにも ~~2020年12月26日の呟き…

#10秒で書く詩「色溺」

叫ぶ どれだけの大変とありったけの葛藤とやるだけの追い込みと 狂う 理解されずに、か信じられずに、か感じられずに、か なすがままなされるがまま ふふっ ~~2020年12月26日の呟きより

#駄我詩「色の伝道」

狂気の中にエロスは宿り生半可な「愛」は、ただの音 黒の洞窟を抜け心音は美を奏でし脳細胞が赦しを欲す 死は、ただの事象終わりの、赤 ~~2020年12月22日の呟きより

#10秒で書く詩「くすりゆび」

やさしいあのこがあのひとにあえない それはきっとそれできっと ~~2020年12月21日の呟きより

#10秒で書く詩「ねじれの位置」

この星で 優しい者が優しい人とは限らない この星で 苦しい者が苦しい人とは限らない 人って人か ~~2020年12月21日の呟きより

#10秒で書く詩「after tomorrow」

今年も終わりだね今年は終わりだね今年が終わりだね キミとボクと も、なのかは、なのかが、なのか それとも で? ~~2020年12月20日の呟きより

#返詩「頁」

昔日を抱き寄せ昔日を思い出し昔日を書き止め 今日の素敵を忘れ去る なんて! ~~2020年12月13日の呟きより

#10秒で書く詩「臭隠選」

分からないから専門家に! 全てはお任せ専門家だもの! それは専門家あれも専門家どれも専門家 原発事故も専門家虐待児童も専門家貧困問題も専門家沈む経済も専門家 任せれば、安心!彼らなら、きっとやってくれるわ それが、此の国我が祖国 ~~10月23日の…

『人体実験』

『真実の呟き』に卑怯者らがわんさか、わんさか ぶんぶんぶん、とブン屋も、ぶんぶん 南風は去ったのに ぶんぶんぶん、と 憲法を知らず自由を理解せず貶める魑魅魍魎が わんさか、わんさかぶんぶんぶん、と #九十九条を護ろう ~~10月23日の呟きより

#駄我詩「ほーどー」

いちにぃいちぜろ 東京602大阪415愛知242北海道241神奈川214埼玉188千葉151兵庫149 数字が数字だけが なぞる 軽さ 飛沫のような大気の中で生身は剥かれ時代が消される いちにぃいちいち… ~~2020年12月12日の呟き

#10秒で書く詩「錯乱の会」

記憶がなかったら嫌なことも良いことも悩みも苦味も憂いも みんな無かったことに 無かったことに ~~2020年12月9日の呟きより

#駄我詩「酷使夢想」

幸せとお金と近似値なのか?イコールなのか? 多くの者達が追い求めて 得ても、得ても満足せず 貪欲に欲望のままに只管に 足るを知らぬ剥き身の刹那 とわのあくむ ~~2020年12月7日の呟きより