思考錯誤屋の呟き

「日々の事柄」を適宜更新中。

埼玉県のベンチャー支援4

前3回は辛口の内容だったかも知れない。

くどい様だが、「県の職員に限れば」本当に親身になってくれる方が多いと思ふ。

多忙だった事もありあまり話す機会を得られなかったが、当時のS所長は(良い意味で)キレ者だ。
二人で盛り上がったのは、「埼玉県を発電立県にしよう」という話題。

最近では、やっほーのS氏が太陽光発電関係の話題をさらっているけれど、S所長曰く「今から10年以上も前、上層部に対し埼玉県を発電立県とする提案」をしていたそうだ。
この時の提案は「新たに建築する公共建物には、太陽光発電を義務付ける」と言うものだったが、当時の上層部には理解されなかったらしい。

もしもバブルの頃にこの提案が通っていたら、東日本大震災以降の計画停電、避けられたろうになぁ。

因みに、僕のアイデアは「一般家庭や公共施設の屋根を借りて太陽光パネルを取り付け、発電事業を行なう」という物。
費用対効果を考えると、十年単位で物事を捉えられる奇特な投資家がいらっしゃるのなら今からでも十分に事業化出来るのだが、僕があたった投資家達は「10年以内の利益回収」にしか興味が無いそうだ。

是非とも、やっほーのS氏には頑張って欲しい。